あいの里訪問看護ステーション

療養されている方が住みなれた環境で、快適な生活が送れ、また、ご家族の負担が軽減できるようサポート致します

*

あいの里訪問看護ステーション

寝たきりの状態あるいは日常生活に支障のある高齢者や難病の方・心身障害者・認知症の方々を対象に、スタッフが御自宅に伺い、看護やリハビリを行うサービスです。

バイタルチェック

あいの里訪問看護ステーションは平成5年2月設立されました。看護師の他にリハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士)が在籍しており、安心してご自宅で過ごせるように24 時間緊急対応をしています。

看護師が御本人やご家族と話しあい、かかりつけ医師と連携を取りながら、一人一人のご希望にあったサービスを提供いたします。

療養されている方が住み慣れた環境で、快適な療養生活が送れ、また、ご家族の負担を少しでも軽減できるようにサポートさせて頂きます。

1人でも多くの自宅で療養したいと思われているご本人やご家族の気持ちに寄り添い、一日でも長く自宅で過ごせるようにお手伝いしたいと思っています。

ご本人だけでなく、ご家族を含めた関わりを持ち、「来てもらってよかった」と思われるような信頼関係をつくっていければと考えています。

あいの里訪問看護ステーションの特色

24時間対応

昼夜を問わず、24時間の電話対応を行っており、場合によっては訪問も行います。自宅でご本人やご家族が安心した状態で過ごせる様と看護師が対応いたします。主治医やケアマネ等との連携も行います。

リハビリスタッフの配置(作業療法士・理学療法士)

リハビリスタッフによる専門的なリハビリテーションにより、自立や機能保持のお手伝いや、介護者への負担の少ない介助方法などの指導も行います。又、手すり等の配置や車椅子などのご相談もお受けします。

経験豊富なスタッフ

看護師5名、作業療法士1名、理学療法士1名と経験豊富なスタッフが揃っております。看護師は看護協会が行っている、「訪問看護養成講習」を全員受講しており、精神疾患や小児の対応も行っています。又、在宅での最期を迎えられる方々のお世話もさせていただきます。

新着情報

最新の情報から5件を表示

公開日:
最終更新日:2016/01/22